ピオリナ化粧水の成分表!セラミドの種類について

「赤ら顔」に悩む女性は少なくありません。その赤ら顔の原因は病院に行っても分からないことも多いのです。では、赤ら顔は治らないのでしょうか?いいえ。そんなことはありません!!その赤ら顔を改善する「ピオリナ化粧水」の成分と赤ら顔に効果があると言われる、今やエイジングケアとしても有名な「セラミド」の種類について検証してみましょう。

ピオリナって?

ピオリナは「赤ら顔」に悩む人のための赤ら顔対策の化粧品です。そもそもなぜ赤ら顔になってしまうのか。今までは原因がよくわからず、専門家でさえはっきりとしたケアの方法が分からなかったのですが、ピオリナ化粧品開発にあたって『間違ったスキンケア』による肌の毛細血管の拡張だと言うことが分かったのです。肌に負担をかけ、皮膚が薄くなりその下にある毛細血管が透けてしまうことで赤ら顔になっていたのです。そこで一度肌を正常な状態に戻しすことで、赤ら顔の原因を根本的に潰すことが一番の対策なのです。そしてそれを可能にしたのがこの「ピオリナ化粧品」です!!

公式サイトはコチラ>>>

ピオリナ化粧品の成分は?

成   分 効    能
オタネ人参根エキス 別名高麗人参とも呼ばれ、新陳代謝・血行の促進を促し、肌荒れ・ニキビ・しわ・肌の老化を防ぐと言われています。
ブクリョウ 更年期障害や女性特有の不快感の薬としても使われている生薬で、このブクリョウだけでも赤ら顔に効果があるようです。
マグワ根皮エキス お肌の透明感を保つ成分が含まれており、紫外線からお肌を守る働きをする天然植物としてはトップクラスの実力です。くすみがちなお肌もトーンアップの期待もできます。
進化型ビタミンC 従来のビタミンCは「脂溶性」と「水溶性」があり、脂溶性は即効性はあるが乾燥を招きやすく、水溶性は肌の真皮まで行きわたるが即効性はなく、その二つのいいところを合わせ持ったのが進化型ビタミンCです。浸透性と即効性を持ち合わせ、トーンアップが期待できます。
天然ヒト型セラミド 肌には「ラメラ構造」と呼ばれる水分と油分が交互に重なった構造になっています。この主成分がセラミド。この構造が崩れると肌荒れが起こり、トラブルの原因となるのです。ヒト型セラミドはこのラメラ構造の形成に一番有効とされています。

 

セラミドの種類と赤ら顔に効果があるセラミドとは?

化粧品を扱う女性は一度は聞いたことがあるセラミド。今やエイジングケアには欠かせない成分となっていますが、そのセラミドにはいくつか種類があり、主に合成セラミド・天然セラミド・ヒト型セラミドになります。どれが赤ら顔に良いのか、それぞれの効果と違いについて調べてみました。

合成セラミドは「疑似セラミド」とも呼ばれ天然セラミドに似せて作られ、分子構造上は確かに似ていますが似て非なるもので、全くの別物だと言うことです。セラミドの種類の中でも一番安価で保湿効果も一番低いとされています。低価格の化粧品のセラミドはこちらの合成セラミドが使われていることが多いようです。

天然セラミドは馬などの動物の脊髄や脳から抽出された動物由来のセラミドになります。動物由来なので人間の角質層の細胞間脂質と近く、保湿力がとても優れているそうです。ただ、難点は高価なので効果を求めて購入するには人によっては続けられない化粧品となる可能性も高いと言うことです。

ヒト型セラミドは自然物を由来とし、ヒトの角質細胞間脂質に存在するセラミドとほぼ同じ分子構造を持っているそうです。「合成セラミド」や「天然セラミド」と比較すると肌への馴染みが最も高く、角質層にある細胞間脂質のラメラ構造形成に有効とされています。特に天然ヒト型セラミドはセラミドの中でも圧倒的な保湿力誇っているそうです。

まとめ

いかがでしたか?

セラミドの中でも「天然ヒト型セラミド」が一番ヒトの細胞に近く、自然物を元に作られているので肌に安全と言えます。保湿力も一番高く、肌への馴染みも一番良いためヒトが本来持っているラメラ構造を修復する力もあり、ピオリナはまさに赤ら顔の方のための化粧品と言えます。その他バリア機能を回復させるヒアルロン酸やお肌のきめを整えるアミノ酸系セラミドも配合されているので、赤ら顔に悩んでいる方にはぜひ一度使っていただきたい化粧品ですね♪

公式サイトはコチラ>>>